【2014年版】最近の注目!! 骨伝導イヤホン・ヘッドホンがオススメ


骨伝導イヤホン・ヘッドホンって,最近増えてきましたよね.
補聴器だけでなく,軍用ヘッドセットや,スマホにまで搭載されていますし…
聴覚の弱い方にも聴きやすく,耳を塞がないのがメリットです.

本格的な機種は,TEAC,専門メーカーのゴールデンダンス(日本)などが手掛けています.
ヘッドセット(通話向け)では、米軍機材に源流を持つJawBoneが一番人気です。

⇒ ヘッドホン / イヤホン / Bluetooth ヘッドセット
⇒ 原理について
⇒ 難聴の人に最適な理由

 

TEAC FillTune HP-F200

2008年発売 / レビュー / 30,000円台
【国内正規品】TEAC 骨伝導オーバーヘッドヘッドホン FillTune HP-F200
老舗音響メーカーのTEAC製で,高いですが,品質も高いです.
トランスデューサー&アンプで,骨伝導向けに最適化して出力しています.
左右で音圧を変えられるなど,かなり高機能です.

メーカー TEAC
方式 アンプ接続型ヘッドホン
プロファイル HSP,HFP,A2DP
充電時間 3時間 (250mAh)
通話時間 5時間
サイズ 140×170×22 mm
50×104×14mm
重さ 130g(ヘッドホン)/58g(本体)
充電 ACアダプター
公式サイト teac.jp

 

AUDIOBONE FIT

2011年発売 / レビュー / 8000円弱
骨伝導ヘッドホン AUDIOBONE FIT [オーディオボーン フィット]
ゴールデンダンス社の軽量・骨伝導ヘッドホン。
骨伝導機器メーカーですが、3年前の製品だからか微妙。
コードが弱いのと、防音処理が弱いのが最大の弱点。

軽量(31g)で、防滴、装着性は評価できます。

メーカー Goldendance
方式 オーバーヘッドホン
ドライバー ダイナミック型 17mm
感度 88dB
最大入力 100mW
インピーダンス
重さ 31g

GoldenDance社の他の製品も載せておきます。

 

maxell HP-VBC40

2011年発売 / レビュー / 2,500円前後
maxell カナル型骨伝導イヤホン「VIBRABONE」 ブラック HP-VBC40-BK
価格も安く,骨伝導を試しに体感してみたい人向けです.
玩具のようなパッケージ&独特な(あまり良くない)音質なのが残念です.
本格的に骨伝導を期待するなら,もっとちゃんとした物をおすすめします.

(普通のイヤホンに,低音が得意な骨伝導を組み合わせた!というコンセプトです)

メーカー maxell(日立マクセル)
方式 カナル型イヤホン
タイプ ハイブリッド骨伝導
インピーダンス 8Ω(骨伝導振動ユニット)
16Ω(マイクロスピーカー)
音圧感度 62dB(骨伝導振動ユニット)
105dB(マイクロスピーカー)
最大入力 30mW(骨伝導振動ユニット)
20mW(マイクロスピーカー)
コード 1.4m Y型コード
重さ 21g
カラー ブラックブルーホワイト

 

TEMCO HG40SAN-TBT

2008年発売 / レビュー / 13,000円弱
TEMCO テムコジャパン 骨伝導 ヘッドセット ( ブルートゥース 対応 ) HG40SAN-TBT
愛知県のトヨタ系商社,TEMCO製のBluetoothヘッドセット.
品質はそこそこですが,古めで,使い勝手・スペック共に時代遅れです.
特に,ボリューム調整(5段階)は,大きくすることしか出来ません.

メーカー TEMCO
方式 Bluetooth ヘッドセット
Ver Bluetooth v2.1 +EDR
プロファイル HSP,HFP,A2DP
充電時間 3時間 (250mAh)
通話時間 5時間
サイズ 130 x 80 x 133 mm
重さ 50g
充電 ACアダプター


Jawbone ICON HD

【日本正規代理店品】Jawbone 骨伝導ノイズキャンセリングマイク搭載 iPhone5対応 Jawbone ICON HD デニム ALP-ICONHD-DN

骨伝導Bluetoothヘッドセットの定番、Jawbone。
米軍向けの技術を転用して、自分の話し声も(一応ですが)骨伝導で伝えています。
ノイズキャンセリングに力を入れていて、”第二の聴覚”という感覚が分かりやすいかと。

並行輸入品を中心に、Amazonでも安く購入できます。

メーカー Jawbone by Aliph
方式 Bluetooth ヘッドセット
Ver Bluetooth v2.1+EDR
プロファイル HSP,HFP,A2DP,AVRCP
マルチポイント 2台 (同時接続)
マルチペアリング 8台
充電時間 1時間
再生時間 4.5時間(通話・音楽)
連続待機 10日間
サイズ 44×18×25 mm
重さ 8g
充電 ACアダプター、フィットイヤフォン

 

Princeton PTM-BEM8

2013年発売 / レビュー / 4,000円弱
プリンストンテクノロジー 骨伝導機能付カナル型Bluetoothハンズフリーヘッドセット ブラック PTM-BEM8BK
IT系商社プリンストン製で,おすすめできません.
そこそこの音質はあるようですが,耐久性・品質に難があります.
型落ち機種として,PTM-BEM7も販売されています.

メーカー Princeton
方式 Bluetooth ヘッドセット
Ver Bluetooth v2.1+EDR
プロファイル HSP,HFP,A2DP,AVRCP
充電時間 3時間 (250mAh)
再生時間 6時間(通話・音楽)
連続待機 250時間
サイズ 17×53×12 mm
重さ 13g
充電 ACアダプター

その他の機種

Princeton PTM-BEM8BK (レビュー)
Princeton PTM-BEM7SV / BK (レビュー)
サンコ- MP3プレーヤー WPBCM3PA (レビュー)

 

骨伝導の原理とは?

TEMCO テムコジャパン 骨伝導 ヘッドセット ( ブルートゥース 対応 ) HG40SAN-TBT

この図は,”骨伝導マイク”の原理を表しています.

例えば,耳を塞いでも,自分の発した声を聞くことが出来ますよね.
声帯から,骨を通してくる”骨導音”を拾っているためです.
そのため,この”骨導音”を高感度振動センサー(マイク)で拾うことで,直接に声を拾うことが出来ます.

TEMCO テムコジャパン 骨伝導 ヘッドセット ( ブルートゥース 対応 ) HG40SAN-TBT
この図は,音をどの様にして聴いているかを表しています.

ふつうは,耳から伝わる空気の波(振動)を外耳・中耳を経由し,内耳の渦巻管にある聴覚神経によって聴覚が機能します.
一方の”骨伝導”では,内耳の渦巻管に直接に振動を伝えています.
これが,”骨伝導”と呼ばれる所以です.

この骨伝導マイク・ヘッドホンのメリットは,

  • 耐騒音に優れている(五月蝿い場所でも使える)
  • 周りに聞こえずに使える(音漏れ防止)
  • 装着位置の自由度が高い(口の近くにマイクがなくてもよい)
  • 防水化しやすい(屋外や水中でも使用できる)
  • 鼓膜が機能しなくなっても使える(補聴器にも応用)

などで,あまりにも騒がしい場合には,耳栓と併用すると使いやすいです.

骨伝導の感覚って?

骨伝導で聴く音は,”第二の聴覚”と形容できるような独特な”音”です.
耳を塞いでいると,「耳を塞いだ音(あの”波”のような音)」が聞こえ,自分の鼓動音と音楽が聴こえてくるという,不思議な感覚になります.
Shure(SE215など)などの高遮音性イヤホンで聴くのともまた違った感じです.

晩年のベートーベンは,ピアノに耳を当てて,骨伝導で聞いていたと言われます.
もしかすると,ベートーベンがイメージしていた音って,私達が聴いている音楽とは違ったのかもしれませんね…

Shure SE215のレビュー記事
【長期レビュー】Shure SE215で喧騒から図書館並の静けさへ

 

難聴の人に最適って?

年配の方や,難聴の方が使うと,音が聴けるようになると言われることがあります.
これは,「鼓膜/外耳道」が「物理的に欠損/閉塞」している場合に,この部分をショートカットできるために効果が期待できるためです..
しかし,殆どの感音性難聴など、原因が「蝸牛~脳」にある場合は、骨伝導ならではの効果は殆ど期待出来ません.

この様に,全ての方に骨伝導機器をおすすめできる訳ではありません.
また,まだまだ発展途上のデバイスです.
それでも”可能性”のある機器だけに,興味をお持ちであれば,検討してみてはいかがでしょうか.


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!