【レビュー】M187 900円のオシャレなUnifyingミニマウス

Logicool Wireless Mini Mouse M187

Logicool の小型無線マウス M187のレビューです。

手にすっぽり収まり、据え置きでも持ち運びでも便利!
パソコンと、タブレットにも使ってます。

タブレットにおすすめなのは、

  • お洒落で、小さくて軽い
  • 安定したワイヤレス
  • クリック音が小さい
  • 小さいのに使いやすい

からです。

パソコンでもタブレットでも、とにかく使いやすいです!

Design

M187は,5色展開で、黒ならオフィスでも良さそう。他の赤・青・オレンジ・白はポップな感じ。
どれも鏡面仕上げみたいで、ツルテカのプラスチック感丸出しですが、お洒落。
脇が、反射を抑えたプラスチックで、汚れも目立ちにくい
1000円を切るのに、安っぽくない!
高そうには見えないけど(笑)
Logicool Wireless Mini Mouse M187

 

それでもミニマウスが嫌!な人へ

今までに、小型マウスを使ったことありますか?

あるなら、Logicool以外のミニマウスを使った人ではないでしょうか?
他のミニマウスだと、途切れたり、反応鈍かったりとか多いですよね。(SANWA SUPPLYやiBUFFALOとか…)
けれども、M187だと、1年ほど酷使しても全くトラブルなかったです。

本当に、一度M187を使ってみると、便利すぎて手放せなくなりますよ。

まぁ、男で特に手が大きい人は仕方ない…

 

その他

・レシーバーの形は、普通のUnifyingレシーバー(RC24-UFR)と同じ。
ちなみに、M187の電池カバーを外すと収納スペースがあります。
・クリック音が小さめ。
・Unifyingレシーバーをまとめたりするソフトは、ここでダウンロードできます。
使い方は、簡単なので省略。(全部、ガイダンスが出ます)

他のミニマウスとの比較

無線の安定度、Unifying対応(レシーバーも小さい)、持ちやすさ、電池持ち、3年保証 etc…
3000円出しても、M187を上回るミニマウスはなかったです。
よくM187を、こんな安い値段で売るなぁと感心。

 

M325DS(右)との比較

M325DSもいい機種なのですが、左右に振れるホイール(5ボタン)と、レシーバーもUnifyingである以外のメリットを感じません。

この写真だと分かりにくいですが、M187は直に見ると、もっと小さい。
例えるなら、軽自動車とワンボックスみたいな感じで…。
そして、マウスというと、大型マウスが多いですが、小さくても使い勝手は殆ど落ちないです。
Logicool Wireless Mini Mouse M187 by azpek.asia

仕様

製品名 Logicool® Wireless Mini Mouse M187
価格 880円~1280円
発売 2012/02/24
サイズ 49.4 x 81.9 x 31.8
重さ 53.7g
Unifying 本体○ レシーバー☓ (USB)
範囲 ~10m
電池 単四電池(充電池使用可)×1 (6ヶ月)

 

注意
M187本体はUnifying対応ですが、M187付属のレシーバーはUnifying”非”対応
他のUnifying対応機器と接続する際は、その機器のレシーバーと接続してください。
また、仕様により、M187は他のUnifyingレシーバーとの紐付け(ペアリング)回数が、50回までに制限されている可能性があるので注意してください。

※追記

M187は、関係ありませんでした。ペアリング回数の制限のある機種の場合、マウス本体の制御由来らしいです。

 

参考までに、アマゾンのレビューです。30件弱あります。
(2013年2月現在)

Androidでの使い方は、次の記事で紹介します。
次の記事⇒Androidで無線キーボード&マウス(Unifying)を使ってみる


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*