【長期レビュー】MX ERGO(MXTB1s)は、M570tより買い!

M570tと比較したMX ERGO(MXTB1s)のレビュー

トラックボールの超定番といえば、M570t
そして、高級トラックボールといえば、MX ERGO(MXTB1s)。
実際に長期間比較しながら使って気づいたり、感じたことがあります。

ところで、結論から言います。
「仕事で使うなら、この価格差は十ニ分ペイできるはず!」
早速、お得な買い方も含め開梱レビューから始めていきます。

about me

M570tとMX ERGO(MXTB1s)の未開封パッケージ
マウスで腱鞘炎を起こして、トラックボールに乗り換えました。
それからトラックボールは、M570t(M570)を5年ほど使い続けています。
使用時間は、休日を含め5時間/日くらいで、多い日は12時間を超えます。

ゲーマーではないので、コンマ数ミリ秒の遅延は全く気にしません。
ただし、仕事で長時間使うため、機能性や疲れにくさをかなり重視しています。
また、①故障、②すぐにバッテリー切れ、③途切れるなどのトラブルは、もはや問題外です。

このようなユーザーですが、MX ERGO(MXTB1s)は大満足できています。
似たような環境の方にとっては、同じように満足できるのではないでしょうか?

 

パッケージ

review-of-logicool-mx-ergo-MXTB1s-trackball (33)
少し高級感があり、おもしろいパッケージ。
黒を基調に緑のアクセントがロジクールらしいです。
そして、ティッシュボックスより一回り大きいくらいのサイズ感。

MX ERGOの絵本のように開くパッケージ
店頭でも中身が見えるように設計されています。
付録つき雑誌のように表紙をめくるとMX ERGOが鎮座しています。
バッグの留め具のように”パチッ”と磁石ではまるのが心地よいです。


実は、MX ERGO本体の取り出しはスライド式。
ボール台紙に鎮座していて、透明プラに覆われています。
さらに、充電用USBケーブルは、台紙の下に隠れています。

MX ERGOに貼られた保護シール
最初は、本体にも薄いフィルムがかかっています。
その下に、水色の説明のシールが貼り付けられています。

持ち上げると、金属的なずっしり感を感じます。
プラスチッキーなM570tとは明らかに違う高級感です。
ですが、実は台座の金属板が95gもあるのが原因で、コレを除くとだいぶ軽いです。

 

 

1-2の切り替えのLEDランプの点滅はかなり高速。
目障りという程ではないものの、そこそこ目立ちます。

カスタムボタンで精密ポインティングは結構遅め。
この機能を知らずに切り替わると、故障かと焦るかも。

 

デザイン

グレーで落ち着きいた渋さ


M570tのような青いボールがなく、とにかく地味。
全体的にグレーでモノトーンですが、存在感は意外とあります。
重厚な塊感はあるので、決して安っぽくは見えず不思議な感覚。

そして、そのぶんM570tよりも職場で使いやすいデザインです。

 

スペック

製品名 Logicool® Wireless
Trackball MX ERGO
Logicool® Wireless
Trackball M570t
型番 MXTB1s  M570t
JAN 4943765046363 4943765038771
サイズ 133×100×52 mm 145×95×45 mm
重量 259g 142g
発売日 2017年9月22日 2013年8月2日
dpi 320 – 440
(初期値380)
540
ボタン数 8 5
電池 Li-Ion (500 mAh) 単3電池×2
電池寿命 4ヶ月 (max) 18ヶ月 (max)
操作方式 Unifying (2.4GHz) /
Bluetooth®
Unifying (2.4GHz)
操作距離 10m (max) 10m (max)
機能 スクロール+チルト、
カスタムボタン
スクロール(垂直)、
SW-M570に移行中

 

使い勝手

誤って1-2を切替えることはない


不安に感じていたのが、マウスの切り替え機能。
うっかり触ってしまうのではないかと心配していました。
ですが、実際には誤って触れること自体がありませんでした。

むしろ他の場所にあってもいいくらいの印象です。

角度切替は意外といい


20°傾けると、確かに疲れにくく感じます。
慣れるとM570tのほうが違和感を感じるくらい。
無駄な力が減り、丸一日使った後の疲れが残りにくいです。

実際に、人間工学でも手首への負担が少ないんだとか。

ボタンの硬さが絶妙で指に優しい


クリック感やボタンの押込みは全体的に軽め。
ただ、意図せず反応するほど軽くはなく、絶妙な硬さ。
腱鞘炎に悩まされて手にとって、非常に優しい設計です。

ボールを外すのが面倒

トラックボールのボールを外して清掃するための穴
トラックボールは、ボールを外しての清掃が必須。
といっても、裏側から細いペンでつついてすぐ外せますが…。
ただ、この押し出す穴が小さすぎて、鉛筆並みに細いペンが必要。

M570tのように、ジェットストリームなどが入る大きさにすべきでは?

 

M570tとの比較

高級版?いいえ、性格のちがう兄貴。

M570tとMX ERGO(MXTB1s)の重さ比較
M570tとMX ERGOは、似てるようで性格が違います。

ボールサイズは同じで、色違い


使われているボールはM570tと同サイズ。
互換性があるので、入れ替えても使えます。
実際に入れ替えてみたのですが、違和感ないですよね。

他社製でもこのΦ27mmのボールがよく使われています。

他に感じた”ちがい”

  • クリック感が明らかに軽くなった!
  • 横スクロールができる!
  • スクロールがなめらか!
    そして、カチッカチというフィーリング。
  • ボールの回転がなめらかで、体感で2~3割ほど多く回る!
    (M570tより3割位遠くまでカーソルを飛ばせた)
  • 台座の滑り止め効果が強く、不用意に動きにくい。

 

改善してほしい点

保証期間3年だとうれしい


保証期間はM570t(3年間)より短い2年間。
ヘビーユーザー比率が高く、劣化速度が早いのでしょう。
ただ、価格差が3倍あるので同じ3年間保証にしてほしいですよね。

ただ、スイッチの耐久性は1,000万回と約3倍になっているそうです。
M570tは型番変更し、SW-M570(保証期間1年)に移行中です。

カーソルが定まらなくなった

LOGICOOL Options softwares
”Logicool options”をインストールし、起動後にカーソル飛びが発生。
すぐにM570tに戻し、「ポイント&スクロール」タブを触ってみました。
すると何事もなかったように、カーソル飛び現象は起こらなくなりました。

一瞬とはいえかなり不安を感じる挙動だけに、改善してほしいところ。

ホイールには進化の余地あり!

同じLogicoolでも、MX Master 2Sのホイールはより便利。
この動画のように、”SmartShift”機能で回る速度が変わります。
早く回したときのフリースピンがどんどん飛ばせて心地よくて、くせになります。

そして、遅く回すとカチカチっと精密に回り、実に思い通りに回ります。

 

購入するには?

お店によって2,000円くらい価格差がでることが多いです。
購入する前には、いくつか比較したほうがお得なのでおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*