初心者の為のベンチ比較講座

CPU・HDD・SSD・総合性能ベンチ

ベンチマークといえば,
CPU,GPU,読書速度,該当するPCのトータル性能を比較します.

Passmark

CPUとGPUのベンチを比較するサイト.
10年以上前のCPUから、最新のCPUまで載っていて使い勝手がいいです。
相対的に比較できるので,意外な発見ができるかも…

PassMark - CPU Benchmarks - List of Benchmarked CPUs
比較したいCPUがある場合、ここから開いて、ページ内検索(ctrl + F)で、調べたいCPUを検索して数値のみ確認してください。

目安となる基準(for Windows8.1)
500~1000 かなり低性能
1000~2000 やや低性能
2000~4000 ノート向けの標準
6000~10000 高性能
10000~ 一般向けの最高レベル

目安として、Windows7/8でネットサーフィンやofficeの使用なら、2000を越えた辺りから体感速度の向上が殆どみられなくなります。

ちなみに、ネットブック向けのatomが1000以下で、2013年のcore-i3が2000前後から、core-i5なら4000前後、core-i7の上位モデルなら10000を優に越えます。

GPUであれば、intelのHD5000であれば、軽めのゲーム(wisdom XP)などが快適に使えます。ただし、本格的にゲーム目的に使うのであれば、より高性能のGPUが推奨されます。

 

CrystalDiskMark

Samsung 840series SSD TLC 250GB by azpek.asia

HDD,SSD,RAM Diskなどのストレージの速度を計測する定番ソフト。
性能比較のレビューサイトなどで,こんな画像をよく見かけるはず…
ストレージのアクセス速度は、使用するPCの環境に大きく左右されるので,注意が必要ですが。

一般に,シーケンシャル(連続・Seq)書き込み・読み込みが最速です.
また,小さいデータ(4K)ほど遅くなるのが特長で,この速度で体感のレスポンスに大きな影響を与えます。

窓の杜などからのダウンロードをおすすめします.

RAM
RAMDISKの場合
Benchmarking result of SanDisk SSD SDSSDHP-256G-G25AZ
SSDの場合(2013年発売)
Greenhouse 結果 - WordPress
安物のUSBメモリー
20.HDD Diskmark Crystal Fujitsu before
HDD (160GB/1枚ブラッター/2.5型)

Windows Experience Index

20.HDD Windows bechmark score Fujitsu before

Windows Vistaから搭載された標準のベンチマーク。
正確な性能は測れないものの、比較のしやすさからよく使われる。
PCの体感性能を表すことを目的にしている.

目安として、5を越えていれば、ネットサーフィンやofficeが快適に使用できる。

Windows8.1からは,廃止されています.
(WIN SOCRE SHARE等のソフトの支援で利用は可能)


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*