【PC用】USBでできる!BluetoothアダプターのBEST4

Bluetooth USBアダプター パソコン外付け

PC向けBluetoothアダプター

パソコンをBluetoothに対応させたいときに使います.
基本スペックは,Class2で,Ver2.1 + EDRです.
おすすめ順に並べてみました.

PLANEX BT-MICRO4

PLANEX Bluetooth Ver.4.0+EDR/LE対応 USBアダプタ (省エネ設計) BT-MICRO4

Class2 ver4.0+EDR/LE

こちらは,ver4.0+EDR/LEに対応しています.
Ver2.1/3..0と互換性があります.
しかし,ver4.0は使用目的が異なる(リモコンなど,省電力・低速機器向け)ので注意が必要です.

一番売れていますし、レビューの評価も高めです.

 

iBUFFALO BSHSBD04BK

iBUFFALO Bluetooth USBアダプター 3.0+EDR対応 class2 ブラック BSHSBD04BK

Class2 ver3.0+EDR

安心のBuffalo製のVer3.0対応アダプター.
レビューも100件以上と多いです.

 

PLANEX  BT-Micro3E2XZ

PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class2/10m) BT-Micro3E2XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

Class2 ver3.0+EDR

Ver3.0になった代わりに,800円ほどし,出力はClass2にダウンしています.

 

PLANEX  BTMICROEDR2XZ

PLANEX Bluetooth ver2.1+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class2/10m) BTMICROEDR2XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

Class2 ver2.1+EDR

BTMICROEDR1XZと似た形状です.
ただ, Class2かつVer2.1ですが,600円と最安です.
一般的なBluetoothヘッドホン・イヤホンと接続するのなら十分使えます.

Class○って

Classの数字が大きい方が,電波到達距離が大きくなります.

Class1 100m
2 10m 最も普及
3 1m

というのが,目安になっています.

Class1は,Class2(10m)よりも電波強度が強い分だけオススメです.
(接続機器がClass2であれば,接続はclass2となりますが)

差別化

Bluetoothドングルの機能は,差別化しづらいのです.それでも,差を付けるのであれば,このような順序になりました.

差別化要因は,価格・安定性・レビューの多さなどになると思います.

FFPって?

FFP(Free Frustration Package)は,環境配慮のパッケージです.Amazon.co.jpがメーカーと協力して行なっています.
PlanexのUSB接続アダプターの場合は,こんな感じです.
PLANEX Bluetooth ver2.1+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BTMICROEDR1XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]PLANEX Bluetooth ver2.1+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BTMICROEDR1XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
据え置きで使うなら

最近人気のBluetooth受信機 ベスト10

持ち運んで使うなら

【写真あり】イヤホンを無線化する!BluetoothレシーバーのBEST10

 


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

Comments are closed.