【最新】1から,Android SDKを導入してみた!

Android SDK インストール手順

今更ですが,Android SDKを,10分ほどでインストールしてみました.つまずきやすいポイントを含めて,1から紹介します.

頻繁に手順は変更されますが,今のところ最新のやり方です. 以前よりは楽になった気がします.

大まかな流れ

 

1. JDKをインストール.

まずは,JDKをインストールしなければなりません.

JDKのダウンロード

Oracleのサイト(Java SE download)へ

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

001. JDK install from oracle

”JDK”下の downloadをクリック.

上の画像を参考にしてください.

対応OS版のダウンロード

1..”Accept License Agreement”をクリック.

2. Windowsのどちらかをダウンロード (このとき,32bit = x8664bit = x64 )

002. JDK install from oracle

私の場合は,2013年6月時点の最新版,”jdk-7u21-windows-x64”をダウンロードしました.

表記は,”jdk-○○○○-windows-x○○”となっています.

JDKのインストール

とても簡単です.指示に従って,そのままインストールしてください.

 

011. JDK install from oracle
Yes/はい を選択してください

012. JDK install from oracle
013.Android SDK - Android Developers
014.Android SDK - Android Developers
015.Android SDK - Android Developers
016.Android SDK - Android Developers

あっという間に完了します.

 

2. SDKをインストール

JDKをいれれば,いよいよSDKのインストールです.

SDKのダウンロード

今度は,Googleのサイトです.Android Developerから,ダウンロードしてください.

http://developer.android.com/sdk/index.html

21.Android Developers
この画面になったら,”Get~~”をクリック.
22.Android Developers
Windows版であることを確認してクリック.
23.Android SDK - Android Developers
Android SDKの規約に同意して,対応 bit版をダウンロード
24.Android SDK - Android Developers
この画面に遷移します

Zipファイルの解凍

時期によって,Zipファイル名は変わります.

私は,”adt-bundle-windows-x86_64-20130522.zip”という名前でした. 解凍には,やや時間がかかります.

31. SDK install
上が,解凍後のフォルダ

 

フォルダーの移動

解凍後のフォルダを,”Cドライブ”直下や”Program Files”フォルダーなど,普段触らないフォルダー内に移動してください.

(誤って削除しないため)

SDKの起動.

JDK以上に楽です(笑)

”SDK Manager.exe”ファイルをクリックして,起動してください.

Note  Android SDK exe manager

SDKで,インストールする

ADBコマンドなどに必要になる,”Google USB Driver”などをインストールします.

必要に応じて,他のファイルもインストールしてください.

32. SDK install
Android SDKを起動すると,自動でいくつかダウンロードしてくれます
41. SDK using
縦に伸ばすと…
42. SDK using
Google USB Driverのインストール.
赤枠を3箇所クリック.

 

ここまで出来たら,Android SDKは終了しても構いません.

 

3. SDKのための設定

環境変数Pathの設定です.

ざっくり言うと…

コントロールパネル⇒システムとセキュリティ⇒システム⇒システムの詳細設定⇒環境変数⇒Pathの編集
ときて,フォルダー(\sdk\platform-tools)を指定するだけです.

分かりにくいので例

この例では,英語版Windows7 HomePremiumになっています.

51. Setting システムの詳細設定
コントロールパネル⇒システム⇒
システムとセキュリティ⇒システムの詳細設定

 

52. Setting of SDK 環境変数
環境変数(Environmental Variables)⇒
53. SDK Setting Pathの設定
Path を探して,真ん中の”編集”

Pathの設定方法

まず,既に記入されている部分の末尾に,; (セミコロン・半角)を挿入します.
次に,フォルダーの”sdk”⇒”platform-tools”を探し,ここへのリンクを記入します.

私の場合は,Cドライブ直下でしたので,
”C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130522\sdk\platform-tools”となっています.

全体の記述としては,C:\android-sdk-windows\tools;C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130522\sdk\platform-tools
のようになります.

 

Pathの設定完了確認

Pathが設定できたか,確認しましょう.
まず,再起動し,コマンドプロンプトを起動します.
“adb”と入力し,エンターキーをおします.

下の写真のように,長い文字列が出てきたら成功です.
もし,出てこない場合は,Pathの設定を確認してみてください.

54. SDK Setting Pathの設定

 

お疲れ様でした.これで完了です.
これから,アプリを開発するもよし,ルート取得を試すもよし,Androidライフを満喫しましょう(笑)

気に入っていただけたら,シェアしていただけると嬉しいです.

Android SDK関係本 (Aamzon.co.jp) も増えてきましたよね.


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*