【長期レビュー】Logicool M170は、安定性抜群!

Wireless mouse Logicool M170

Logicoolといえば、ワイヤレスマウス
中でも、1,000円でお釣りのくる安さと、高信頼性が魅力のM170
実際に使ってみて、満足できたので、レビューしてみます。

Amazon以外のM171も、基本的に同じものです。

パッケージ

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_1

マウスには珍しく、箱に入っています。
その箱は、iPhone6より一回り小さいくらいの小ささ。
薄いグリーンが基調のパッケージで、そこそこ目立ちます。

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_3

パッケージの裏面が保証書。
シールで貼り付けされていて、S/Nも記載済。
ただ、Amazonから購入履歴が分かればサポート受けられました。

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_7

緩衝材もなく、無駄のないシンプルさ。
輸送コストも減らせるので、環境にも優しいですね。

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_8

中に入っているのは、マウスと説明書2名。
USBレシーバーと、単3電池は、本体に入っています。
単3アルカリ電池があるので、買わずにすぐ使えるのは便利!

 

デザイン

薄くて運びやすい

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス M170 ブラック マルチOS(マルチOS: Windows, Mac, iOS, Android, Chrome OS 対応)
M170の特徴は、扁平で薄型なこと。
厚さは3.5cmですが、高低差が少ないです。
スマホ3台分くらいの薄さなので、持ち運びも楽。

プラスチッキーだが、長持ち。

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_13

安いマウスに多いのが、ゴムの劣化。
M171では、全てプラスチックなので安心!
ホイールもサイドも、滑り止め加工してあります。

ふつうのゴムだと、5年程度でベトベトに劣化するようです。

やや小さめなサイズ感

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_17

左から、M187、M170、Microsoft H3S-00017
マウスは海外製が多いため、大ぶりなものが多め。
このM170は、ワイヤレスマウスとしては、やや小さめ。

手の小さな日本人にちょうどいいサイズ感だと思います。

 

カラバリ

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス M170 レッド マルチOS(マルチOS: Windows, Mac, iOS, Android, Chrome OS 対応)
ブラック・ブルー・レッド
上面と側面の色がツートンになっています。
この色を入れ替えたのが、M171シリーズ。

M170はAmazon限定で、M171はどこでも買えますよ!

 

使い勝手

がんがん繋がる電波!

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_20

スペック上は、10mの飛距離。
ただ、見通しの良いところであれば、10m近く飛びます。
プレゼンなどで、少しPCから離れたくらいなら大丈夫そう。

卵1つ分の軽さ!

重さは、電池込みで、わずか71g。
比較的軽いマウスなので、疲れにくいです。
ミニマウスのM187の54gなどには負けますが。

快適なポインターの精度

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス M170 ブラック マルチOS(マルチOS: Windows, Mac, iOS, Android, Chrome OS 対応)
3ヶ月ほど使ってきて、動かしたときの精度は満足。
日常使用の範囲では、カーソル飛びなど、殆ど感じません。
ただ、ガラスの上などでは、明らかに精度が落ちています。

ちなみに、解像度は1000dpiで、ごく一般的なスペック。

少し長めの、2年保証

logicool_m170_wireless_confort_mouse_azpek_4

Logicool M170では2年間保証。
サポートに定評のあるLogicoolで、安心!
Amazonで買えば、Webで領収書出せますしね。

他のメーカーの半年保証などが、とても短く感じますね(笑)

ツヤなしで、オフィスにも最適

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス M170 ブラック マルチOS(マルチOS: Windows, Mac, iOS, Android, Chrome OS 対応)
単3電池1本で、12ヶ月の電池持ち。
安い上に、ワイヤレスマウスで、艶なし。
汚れも目立ちにくく、オフィスで違和感ないデザイン。

有線マウスがヘタってきたら、M170に交換するといいかも。

 

微妙なところ

”3ボタン式”だから、←→がない。

Wireless mouse Logicool M170
Wireless mouse Logicool M170

5ボタンなら、戻る・進むができますが、M170は不可。
”クリック&スクロール”に特化して、実にシンプルです。
1,000円以下なんですから、仕方がない気もしますね。

 

非Unifyingレシーバー

Unifyingには非対応で弾かれる

Logicool製ですが、Unifyingに非対応。
Unifyingレシーバーを持っていても、弾かれました。
(2016年春に購入したM170で検証)

 

こんな人におすすめ!

Logicool ロジクール ワイヤレス ミニマウス オレンジ M187OR
M187 Mini mouse

M187や、M235rなどもおすすめです。

繰り返しですが、M171とは、形と性能は同じ!
逆になるのは、表面と側面~裏面のカラーリング。
もちろん、こちらもおすすめなので、Amazon以外ならぜひ!

例えば、ビックカメラなどで安く買えますよ。

M170について、もっと知りたい方は、他の方のレビューもどうぞ。


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*