【レビュー】HP 15-ba000は、最高に使いやすい


価格.comで人気No,1の、HP 15-ba000iconを購入してみました。
魅力なのは、4万円の安さと、フルHD、価格以上のハイスペック。
唯一ネックなのは、非SSDなことですが、SSD換装もできました。

実際に、開梱レビューから、使い勝手まで、レビューしてみます。

パッケージ

hp_15-ba000_laptop_azpek-4

最近のHPらしい、コンパクトなダンボール。
片手でも軽く持てるほどの軽さで、時代を感じます。
裏面には、伝票・保証書などがずらっと貼ってあります。

hp_15-ba000_laptop_azpek-5

箱の厚さもとてもスリムで、iPhone6と同じくらい。
そして開けると、”セットアップ”の紙が最初に出てきます。
付属品は、電源コード・特製マニュアル・説明書などなど。

hp_15-ba000_laptop_azpek-6

開梱すると、PC本体はビニール袋に包まれています。
B6版くらいの”HPパソコンナビ”という本もついてきました。
このビニールのテープを剥がして開けて、セットアップ開始!

 

スペック

4万円以下のPCと思えないほどの高スペック。
”激安”なのに、機械音痴な人にあげるのは勿体なく感じるほど(笑)
もちろん、4GB DRAMなど”ほどほど”のところもあります。

OS Windows 10 Home
CPU AMD E2-7110 APU
(1.8GHz, 2MB L2キャッシュ)
DARM 4GB
LCD 15.6 inch Wide
FullHD (1920×1080)
GPU AMD Radeon™ R2
HDD 500GB (5,400rpm)
OD DVD Super Multi
Wireless IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
Weight 2.20 kg
Battery 6 hours
USB3.0 ×1
USB2.0 ×2
HDMI
有線LAN (RJ45)

HDDは、Seagate製でした。

型番は、Seagate ST500LT012
ごくごく標準的な2.5inch HDD(5400rpm)と感じます。
もちろん、出荷ロット・時期などによって、型が異なる可能性もあります。

USBも3ポートあり、特別弱点のない無難なスペックですね。
あえて弱点をあげるなら、RGB端子がないことでしょうか?

 

デザイン

hp_15-ba000_laptop_azpek-11

この手のノートPCでも、家庭用なら、デザインは大事。
HP 15-ba000のデザインは、かなりスタイリッシュな印象。
とても薄くて、全体的にシンプルで、清潔感に溢れています。

hp_15-ba000_laptop_azpek-15

ブラックなキーボードと、ホワイトの天板。
比較的さらさらした表面処理で、新しいときれいです。
トラックパッドは、凹んでいるので、触ってもわかります。

天板含め、汚れはともかく、傷は目立ちにくそうな印象。

 

使い勝手

ストレスはたまらない処理速度

HP 15-ba000搭載のCPU性能比較

この表は、AMDお得意のGPU性能の比較。
CPUは、E2-7110の場合で、cpubenchmark.netで2173。
Atomの2~3倍の速度で、ブラウジング程度なら大分快適です。

ちなみに、Macbook(2015)搭載のCore M-5Y71だと、3006でした。

やや使いづらいトラックパッド

hp_15-ba000_laptop_azpek-19

パームレストと一体化したトラックパッド。
タッチ感がなく、とても滑りやすいので、微妙な操作感。
ただ、価格の割に、きれいな見た目で、デザイン性は良し。

Full HDの解像度は最高!

hp_15-ba000_laptop_azpek-23

15.4インチの画面に、Full HD(1920×1080)は必須!
ビジネス向け同様に”非光沢(ノングレア)”で、映り込みも少なめ。
ちょっとしたWEBや、Excelを使うのにも、結構ストレスが減ります。

一度慣れてしまうと、WXGA(1366×768)には戻れないかも!

やや硬めなキータッチ&テンキー

hp_15-ba000_laptop_azpek-18

大型ノートPCだけあって、テンキー搭載!
キーボードは、打鍵感もよく、それなりに心地よいほう。
ただ、最近のアイソレーションタイプの割には、やや硬めな印象。

ふにゃふにゃしたキーボードが好きな人には、向かないかも。

屋外への持ち運びは不安

hp_15-ba000_laptop_azpek-16

実測値で、わずかに2,148g(約2.1kg)の軽さ。
意外と軽いので持ち運びできそうですが、天板の耐圧性が不安。
ホームモバイルにはいいですが、屋外への持ち運びは怖いです。

やや強めに天板を押すと、液晶まで達しているような印象。

 

SSD換装による使い勝手

このPCのボトルネックは、HDDと言えそうです。
それが、SSD化で、全体的にサクサク動き、とても快適に。
SSD自体も5,000円程度から手に入るようになっていますし。

今回は、Samsung SSD  750 EVO (250GB) を使ってみました。
最近は、SanDisk製のSSDも安くて、結構おすすめ。

起動時間は、65秒⇒16秒

hp_15-ba000_laptop_azpek-25

HDDでは65秒だった起動時間は、SSDでは16秒。
SSDにすると、起動もシャットダウンも爆速になります。
なお、Chromeのみ新規インストールした状態でテストしています。

Crystal Disk Markの結果

HDDとSSDのCrystal Disk Markでのベンチ比較

若干見にくいですが、Crystal Disk Markでのベンチ結果。
左のHDDに比べると、右のSSDは圧倒的に速く、読み込みで顕著。
このため、重いソフトなどを使った時など、体感速度に差がでます。

 

SSD換装の手順

hp_15-ba000_laptop_azpek-27

※SSD換装は、分解を伴います。推奨される行為ではありません。
※分解後のトラブル・故障など、全て自己責任の下で行って下さい。
(HP様及び、当方は、一切の責任を負うことはできません)

分解の難易度としては、中程度で、私の場合は7,8分ほどかかりました。
HDD Hard Drive Connectorが使われている点では、珍しいです。

裏側のネジを全て外します。

hp_15-ba000_laptop_azpek-22

この時、バッテリーの両端のゴム足も剥がします。
弱い両面テープでくっついているので、簡単に剥がれます。
この裏のネジを含めると、全部で12個あります。

光学ドライブを引き抜いたら、固定の爪を外していきます。

キーボード面から、裏蓋を外します。

hp_15-ba000_laptop_azpek-40

キーボードの面を開いて、隙間にカードを差し込みます。
この時に、無理をすると、PC自体を壊してしまうので慎重に!
クレジットカードや、Suicaなど、硬いカードを使うと楽できます。

コツですが、カードを垂直に近い角度で入れると、傷つけにくいです。

HDDを外す

hp_15-ba000_laptop_azpek-28

HDDを固定しているパーツのネジを外します。
ネジは3つあり、銀色のパーツが外れると、HDDが外せます。
この時、HDD Hard Drive Connectorという基板もくっついてます。

LS-C703P HDD Hard Drive Connector

この基板の型番は”LS-C703P”で、HDDから簡単に取り外せます。
はんだづけされているかと一瞬焦りましたが、心配しなくて平気かと。
また、”LS-C703P”は、e-bayなどで、$20前後(約2,000円)で互換品が売っています。
(買う必要はありませんよ)

SSDへ交換する

hp_15-ba000_laptop_azpek-37

HDD固定ネジを4つ外し、SSDに入れ替えます。
HDD Hard Drive Connectorは、新しいSSDへ差し込みます。
あとは、今までやってきた手順の逆をやっていくだけです。

フラットケーブルのロック(コネクタ)は、外したほうが作業しやすいと思います。
ご存知の方が多いとは思いますが、フラットケーブルは破損しやすいです。
取扱には、十分にご注意を!

クローン or リカバリ等を行う

cloning_HDD_by_KURO-DACHI-CLONE-U3 (1)

もとのHDDをクローンするか、リカバリが必要です。
USBリカバリーのため、起動順位の変更を行いました。
BIOS設定の起動には、電源投入時にF10キー連打を。

SSD換装後は、セットアップも20分強で完了できました。

仕事柄、また趣味でも、よくノートPCを分解・保守することがあります。
ですが、HP製ノートPCを分解すると、合理的な美しさにいつも惚れ惚れします。

 

というわけで、HP 15-ba000iconは、やっぱりおすすめ!
この4万円くらいの価格帯では、一番優れているかと。
HP 15-ba000 価格.com限定モデルiconがお得なこともあります。

ぜひクリックしてご確認を!


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*