マルチメーターを買うなら,A&D製”AD-5526”がオススメ!!


安物が大量に出回っているデジタル式のマルチメーター.
どれが 安くて,きちんと使えるのか分かりにくいですよね.
そこでおすすめなのが,日本のA&D製のAD-5526です.

新しく購入したので,レビューしてみます.

レビュー

外観レビュー

A&Dの表記と,テスターと大きく書いています.
また,教育用の納入も考えたパッケージになっています.
パッケージは子供っぽいですが,中身はしっかりしています.

Multimeter AD-5526 Package (3)

裏面は,スペックや,簡単な用途について書いています.
可能なのは,電圧・電流・抵抗測定なので,ごくごく普通な仕様.

Multimeter AD-5526 Package (5)

サイズは,スマホの半分で,タバコケースくらい.
モノクロ液晶が入っていて,電卓のような感覚があります.
あと,予め電池が入っているので,すぐ使えます.

Multimeter AD-5526 (11)

コードと先端の金属棒をまとめて,テストリードと呼んでいます.
そのコード部分の長さは45cmで,金属棒の長さは15mm.
固定されているので,交換はできません.

Multimeter AD-5526 using (2)
裏面のネジを一つ外すと,電池交換をできます.

Multimeter AD-5526 (10)

使ってみた

Multimeter AD-5526 using (1)

デジカメのバッテリーの電圧を測ってみました.
計測してみると,4.11Vでした.
ちなみに,Li-ion電池で,定格3.6Vです.

使い勝手は,まぁまぁ

電流・電圧・抵抗・電池残量のチェックができて,この価格は安いです.
また,一般使用には十分すぎる精度があり,使いやすさもまぁまぁ.
あとは,6つの機能ごとの色分けがあればなぁ…とは思います.

 

使い方

使い方は,取扱説明書(PDF)にも載っています.

プラス・マイナスを間違ってもOK

黒をプラスに,赤をマイナス側に接続します.
けれども,アナログ式ではないので,逆につなげても壊れません.
(保証はできませんが…)

電池チェック機能

内部抵抗をつなげて,電池の電圧(≒残量)を調べる機能です.
単○乾電池(1.5V)で60Ω,9V電池には1.8kΩの内部抵抗を繋げています.
開放電圧ではないので,かなり正確に計測できます.

ただし,電池残量チェッカーのような%表示はできません.

ダイオードチェック機能

ダイオードの極性を調べる機能です.
プラス・マイナスを間違えると点灯しないLEDには役立ちそう…

方形波出力機能

50Hzの方形波出力機能がついています.
負荷1MΩの時に,出力電圧3Vppだそう…
あまり使い道を見いだせないのですが,実験などで使えるかもしれません.

 

スペック

主な仕様

Multimeter AD-5526 Package (1)

最大入力電圧 300V DC/ACrms
最大入力電流 200mA
サンプリングレート 2.5回/s
ヒューズ ガラス即断ヒューズ
200mA / 250V (φ5×20mm)
サイズ 52×95×26 mm
重さ 100g
電源 LRV08 (12V積層アルカリ電池)

 

測定カテゴリーは,CATⅡ

測定カテゴリーは,Measurement Category Ⅱ(CAT2).
コンセントにつないだ電気機器の一次側まで測定可能です.
その際使う300Vモードは,”感電注意”のランプが点灯します.

ただし,電気知識に詳しくない場合は,やらないほうがよいでしょう.

 

a warranty  of Multimeter AD-5526

日本の有名な測定機器メーカーです.
業務用の高価な測定器が中心ですが,こんなマルチテスターも製造しています.
他の測定器メーカーだと,安くても数千円からのラインナップばかり…
そんな中で,子供でも買いやすい価格で出してくれているのは,嬉しい限りですね!

購入するには?

A&D デジタルマルチメーター AD-5526

送料無料で安かったので,Amazonで購入しました.
他にも,ホームセンターや,楽天Yahoo!ショッピングなどでも扱っています.
地味ながら,そこそこ売れているみたいです.

1000円前後のマルチテスターを探しているなら,イチオシですよ!!


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*