【レビュー】CASIO JS-20DB-Nは、質実剛健でいい!


簿記会計用電卓のCASIO JS-20DB-Nを購入してみました。
カシオが「本格実務電卓」と銘打っているだけあって、使用感はかなりいいです。

パッケージ

CASIO JS-20DB-Nのパッケージ

タブレットと同じくらいの大きさのパッケージ。
比較的大きめで、中身が見えて、触れるようになっています。
店頭では、実際にビニールの上からキータッチを確認できます。

CASIO JS-20DB-Nのパッケージ裏面

裏面には、機能などが簡単に書かれています。
“保証期間5年 ゴールド保証”は、安心感がありますよね。
ちなみに、JS-20DB-Nのバーコードは、4971850033783でした。

中身はかなりシンプルで、取扱説明書くらい。
電卓本体を引き抜いたときに、台紙に挟まっています。
保証書は中には行っているので、領収書を保管しておきます。

カシオのサイトでは、電卓の基礎知識も紹介されています。
このサイトを見ている人には少ないと思いますが、使い方を知らない人は参考にどうぞ。

 

デザイン

CASIO_JS-20DB-N (1)

アルミ製の天板に、プラスチックのキーが出ています。
キーの隙間を触ると、少しザラザラしたひんやりとした感触です。
高級感というほどではないですが、安っぽさを感じることはまずなさそう。

CASIO_JS-20DB-N (12)

正面から見ると、エンボスで”CASIO”ロゴがあります。
目立たない角度ですが、少しゴツくてカッコイイです。
地味なデザインですが、無駄を排した機能美を感じさせます。

 

使い勝手

確かに滑りにくいゴム足

CASIO JS-20DB-N のゴム足

ボタン電池(CR2025)は、裏面から交換します。
また、10円玉くらいのサイズのゴム足が4つあります。
全く滑らないわけではありませんが、ガラステーブル上でも問題ありません。

キータッチは絶妙な柔らかさ

CASIO_JS-20DB-N (2)

キータッチは、柔らかめですが、滑らかで打ちやすいです。
実務電卓だけあって、押し込んだ感覚が絶妙で、タッチミスは起きにくいです。
サイレント機能のせいか、”カチャカチャ”といった騒音はあまり気になりません。

キーロールオーバーが3キー

CASIO_JS-20DB-N (13)

早打ちするのに必須のキーロールオーバー機能。
目立たないようですが、公認会計士などを目指す方には3キーがおすすめ。
DS-20DTなど、殆どの会計用電卓は2キーまでなので、3キーは貴重な存在。

3キーロールオーバーは、他に、50周年記念モデルのCASIO S100くらいに限られます。

角度が固定でも、液晶は見やすい

CASIO_JS-20DB-N (14)

液晶部分は角度が固定で、折り曲げることはできません。
液晶パネル自体は、斜めに角度をつけて設置されています。
もちろん、机に置いて使用する分には、見づらく感じることはなさそう。

ヒンジで故障する可能性もなくなるため、固定式のほうがおすすめです。

実測198gで、持ち運びも問題なし

CASIO_JS-20DB-N_198g_Weight

剛性感もあるのに、198gの軽さ。
プラスチックの画面が傷つかないようにすれば問題なし!
7インチタブレット用のソフトケースだと、ちょうど収まることが多いです。

具体的には、サンワサプライのPDA-TABS7などがよさそう!

長期間使えそうな安心感

アルミ+プラスチックボディーで、ゴムがほぼ使われていません。
強度も十分あり、ゴムが溶けたり、割れたりといった心配はなさそう。
保証期間の5年といわず、数十年にわたって愛用できそうな印象が強いです。

価格も1万円を大きく切っているので、予備機を買っても良さそうです。

 

購入するには?

カシオ 本格実務電卓 日数&時間・税計算 ジャストタイプ 12桁 JS-20DB-N
Amazonでは割高なので、楽天市場のほうがよさそう。

「それでもまだ決められない!」という方は、他の方のレビューも参考にどうぞ!


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*