120GB最安のSSDをレビュー!! ~Samsung 840シリーズ ~MZ-7TD120K/IT~

840 Series MZ-7TD120K/IT

Samsung 840 Series  SSD MZ-7TD120K/IT
SSDとして、普及価格帯のSSDと言えば120GBですよね?
そんな、120GBのSSDで、最安×高速な840シリーズを購入してみたのでレビューです。

価格は、キャッシュバック(3月31日まで2000円)キャンペーンを加味すると、12000円弱でした。
円安ですので、早めに買わないと値上がりすると思います。

速度は、レビューを見る限り早いはず…

 

ところがなんと、使おうとしたら認識しません。
同時購入した同じ840シリーズの250GBは認識するし、使っているのですけどね。
検査・修理に出すので、その対応についてもレビューとして追記してみます。

開梱レビュー

840 Series MZ-7TD250B/IT本体
パッケージです
840 Series MZ-7TD250B/IT
MZ-7TD250B本体です。
840 Series MZ-7TD250B/IT 説明書
説明書と、CD、シールが入っています。
840 Series MZ-7TD250B/IT マウンタ
3.5インチへ変換するマウンタです
840 Series MZ-7TD250B/IT 主な付属品
底面に入ってる主な付属品
左上から、ねじ、SATA-USBケーブル、3.5インチ変換マウンタ、SATAケーブル
840 Series MZ-7TD250B/IT SSDシール
Samsung SSDシール (10円玉くらいの大きさ)
840 Series MZ-7TD250B/IT 2.5インチマウンタ
2.5インチ変換マウンタ

 

注意点 その1

ただし、SSDには、SLC・MLC・TLCという3種類があり、

  • サーバーなど業務用に使われる高品質なSLC
  • SLCよりも品質は落ちるが、廉価で普及のMLC
  • 一番新しいが、耐久性に乏しいと言われるTLC

という特徴があります。

この中でも、Samsung 840シリーズ MZ-7TD250B/ITは、耐久性に乏しいTLCです。
書き換え寿命の検証では、SLCより劣るMLCと比較しても1/10の3000回程度だったという結果が出たそうです。

まだまだ、TLCについては議論がありますし、書き込みが多い用途(動画編集など)は避けたほうが良さそうですね。

注意点 その2

寿命に達した後、他社のSSDでは書き込み不可、読み込みのみになります。
そうすることで、データを救出できるようにしています。
ところが、他サイトの検証で、このSamsungの840 SSDでは、突然書き込みも読み込みもできなくなったそうです。

ファームのアップデートで対応できそうな部分ですし、いち早く改善して欲しいですね。

 

注意点 その3

こちらは、オールインワンパッケージですので、これだけでSSDへの換装ができるように、ひと通りの物が揃っています。

SATAケーブル、USB-SATAケーブル、3.5インチマウンタ、2.5インチマウンタなどが必要なければ、ベーシックパッケージのMZ-7TD120B/ITのほうがお得です。

ちなみに、買おうとすると、SATAケーブル(600円)SATA-USB3.0変換ケーブル(2000円弱)2.5型→3.5型変換ブラケット(500円弱)で、合わせて3000円ほどします。
2.5インチの厚さ(7mm→9mmは、厚紙でいいので省略します)

価格差は、3000円もないので欲しいと思ったら、オールインワンなMZ-7TD120K/IT(国内正規代理店)を買ったほうがいいですね。ちなみに、ITGマーケティングという国内正規代理店取り扱いでないと、キャッシュバックの対象になりません。

 


気に入っていただけたら,ぜひシェアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*